フィリピンで結婚する場合

国際結婚の手続きの流れ

1 日本人配偶者が、婚姻要件具備証明書を準備する(日本領事館にておこなう)

2 婚姻許可証の入手(フィリピンの市区町村役場)

3 結婚式

4 結婚証明書の入手(フィリピンの市区町村役場、国家統計局NSO)

5 日本の市区町村役場に婚姻届を提出する

6 入国管理局へ「在留資格認定証明書交付申請」を行う

7 フィリピン人配偶者が、「在留資格認定証明書」とパスポート(旅券)を持って、日本大使館でビザ(査証)の申請を行う

8 日本の空港で上陸許可を受ける(上陸の日から1年または3年の期限を指定された在留資格を取得します)

9 日本の市区町村役場で、住民登録の手続きを行う

1 日本人配偶者が、婚姻要件具備証明書を準備する

 必要書類(フィリピンにある、日本大使館・総領事館で取得します)

日本人


(1)パスポート
(2)戸籍謄(抄)本:1通  発行後3ヶ月以内のもの
(3)改製原戸籍または除籍謄本:1通 発行後6ヶ月以内のもの

死別・離別のある方は、その事実の記載も必要(離婚された方は加えて「離婚証明書」も必要)となります ので、戸籍謄(抄)本に婚姻及び婚姻解消事実が記載されているか確認して下さい。これらが記載されていない場合には婚姻歴の記載された「改製原戸籍」または「除籍謄本」(発行後6ヶ月以内のもの)もご用意下さい。
また、 初婚の方につきましても転籍などのため、提出頂いた戸籍謄(抄)本では婚姻歴の有無が判別できない場合 には、「改製原戸籍」または「除籍謄本」(発行後6ヶ月以内のもの)をご用意下さい。
過去の婚姻歴の有無及びその内容が確認できない場合には婚姻要件具備証明書を発行できませんのでご注意下さい。

フィリピン人


(1)出生証明書 (Certified true copy of the applicant's birth certificate) :1通
[ 原本と照合済みのスタンプがあるもの (The copy must have the original stamp/seal of a certificate true copy) ]

(2)出生証明書の記載が不鮮明な場合は有効な旅券または洗礼証明書(オリジナル)


申請は婚姻される日本人当事者 ご本人が出頭 して、大使館備え付けの申請書に必要事項を記入の上、上記書類とともに提出して行います。

申請受付時間:午前8時40分~12時30分、午後2時~4時30分(土、日曜日及び祝祭日の当館休館日を除く平日)


証明書は申請翌日の午後2時以降に交付されます。
フィリピン人当事者の出生証明書が入手できない場合には「出生記録不在証明書」と 洗礼証明書(オリジナル)が必要となります。

2 結婚許可証の入手

  大使館より入手した婚姻要件具備証明書 (Certificate of legal capacity to contract marriage) をもって、フィリピン人婚約者が居住している地域(6ヶ月以上継続して居住しているまたは居住していた直近の住所地)の市町村役場に当事者双方が出頭して、婚姻許可証を申請して下さい。

 

 申請の際必要な書類等詳細については、申請する予定の市町村役場に事前にお問い合わせ下さい。婚姻のためのセミナーの受講や日本の印鑑の持参を婚姻許可証発行の条件としているところもあります。

 

 婚姻許可証申請者の名前等は10日間継続して地方民事登録官事務所に公示され、特に問題がなければ公示期間満了後発行されます。(フィリピン家族法第17条)

 

 婚姻許可証は発行日から120日間フィリピン国内のどの地域においても有効です。この期間内に使用しない場合には期間の満了により自動的に失効します。(フィリピン家族法第20条)

3 挙式

  フィリピンにおいては、婚姻を挙行できる権限のある者(婚姻挙行担当官)及び婚姻の場所が法律で定められており、この婚姻挙行担当官(裁判官、牧師等)および成人2名以上の証人の面前で婚姻の宣誓を行い、婚姻当事者双方及び証人が婚姻証明書に署名し、これを婚姻挙行担当官が認証することにより婚姻が成立します。(フィリピン家族法第2~8条)

4 婚姻証明書の入手 (挙式挙行地の市町村役場または国家統計局)

  婚姻後15日以内に婚姻証明書が婚姻挙行担当官より挙行地のフィリピン市町村役場に送付され、地方民事登記官により登録が行われます。(フィリピン家族法第23条)
 これにより婚姻届提出の際必要な「婚姻証明書」の謄本を入手することが可能となります。

在留資格認定証明書交付申請を行う

 在留資格認定証明書の交付申請は、私たちにご依頼ください。

 

 入国管理局のホームページには、申請書の用紙がダウンロードできるようになっていますし、必要書類の案内もあります。

 しかし上述の通り、在留資格認定証明書の申請は、申請書に記入をして必要書類を添付すれば許可が出るという簡単なものではありません。審査の基準は一般には公表されていませんし、様々な調査が行われています。必要書類として掲示されていない書類の提出がないことを理由として不許可になることも多いのです。

 

 これは、入国管理局が取り締まりを行う官庁でもあることから、審査の基準(イコール取り締まりの手の内)を、一般に(特に悪意を持っている方に)見せないためなのです。

 

 私たちは、長年の申請を通じて、審査のポイントや必要な立証方法を把握しています。確実に許可を取得したいとお考えの方はもちろん、何も問題はないと思っておられるお客様も、申請前に一度、相談をされることをお勧めします。 
在留資格認定証明書交付申請 162,000円

日本でフィリピン人と結婚する場合

 日本でフィリピン人の方と結婚するためには、フィリピン人配偶者が日本国内に滞在していることが必要です。フィリピン国籍の方が来日していない場合、日本方式で結婚してもフィリピンでは認められません。 

国際結婚の手続きの流れ

1 フィリピン人配偶者が、大使館で婚姻要件具備証明書を取得する

2 日本の市区町村役場に婚姻届を提出する

3 日本の市区町村役場で、住民登録の手続きを行う(居住地や世帯主など変更がある場合)

4 地方入国管理局へ「在留資格変更許可申請」を行う
 

フィリピン人配偶者が、婚姻要件具備証明書を準備する

 東京のフィリピン大使館で取得します。

 初婚のフィリピン国籍者の必要書類

 

パスポート(原本提示+データページのコピー1部)

注意:パスポートが失効、紛失、破損、事実と異なる場合、必ず婚姻要件具備証明書の申請前にパスポート申請をして下さい。

 

NSO発行の出生証明書 (原本+コピー1部)

 

在留カード(原本提示+データページのコピー1部)

 

パスポート用サイズの証明写真(3枚)

 

NSO発行の無結婚証明書(CENOMAR) (原本+コピー1部)

*無結婚証明書のは6ヶ月以内に発行されたものであり、使用目的が「結婚」であること。

 

追加書類:(18歳から25歳の申請者の方)

 

18歳以上20歳以下の場合 – 両親の同意書(両親のパスポートコピーを添付)

21歳以上25歳以下の場合 – 両親の承諾書(両親のパスポートコピーを添付)

 

注意:両親がフィリピンに居住している場合、両親の同意書・承諾書はフィリピン国内の公証役場で公証し、フィリピン外務省にて認証する必要があります。

 

両親が日本に居住している場合:当大使館に来館し作成して下さい。

両親が亡くなられている場合 :NSO発行の死亡証明書が必要です。

 

日本国籍者の必要書類

 

戸籍謄本:原本+コピー1部 *3ヶ月以内に発行されたもの。

 

再婚の方:以前の配偶者との婚姻日・離婚日が記載された戸籍謄本、改製原戸籍、除籍謄本のいずれかを提出。

 

死別の方:以前の配偶者の死亡日が記載された戸籍謄本、改製原戸籍、除籍謄本のいずれかを提出。

 

戸籍抄本は受け付けません。(「個人証明事項」・「戸籍中の1部のもの」とあるのは戸籍抄本です)

 

有効なパスポートまたは公的な写真付き身分証明書

 

パスポート用サイズの証明写真:3枚

 

 

申請期間:5営業日

日本の市区町村役場に婚姻届を提出する

1 婚姻届(保証人2名の署名・捺印が必要です)
2 日本人の戸籍謄本
3 婚姻要件具備証明書
4 3の日本語の訳文(翻訳者の氏名を明らかにしたもの)
5 出生証明書と日本語の訳文
6 パスポート
7 住民票

在留資格変更許可申請

 日本に滞在されている外国人の方が日本人と結婚した場合、「日本人の配偶者等」という在留資格へ変更をすることができます。

 適法に滞在されている方であれば、在留資格を変更せずに、現在の資格のままで滞在を続けても問題はありませんが、「日本人の配偶者等」の在留資格を取得すると、日本での活動、特に仕事の制限がなくなります。

 

 在留資格の変更手続きは、外国人本人が入国管理局へ出頭して行います。 私どもに依頼された場合には、書類の作成および申請手続き一切を代行しますので、入国管理局へ行っていただく必要はありません。

 

 注意していただきたいのですが、「短期滞在」から他の在留資格へ変更することはできません。 一旦、「在留資格認定証明書」の交付を受ける必要があります。

 

 ただし、「短期滞在」の在留資格で滞在されている方であっても、今回の滞在中に日本で婚姻手続きをされた場合に限り、出国せずに在留資格の変更を認められる場合があります。 

在留資格変更許可申請(日本人の配偶者等)162,000円

フィリピンへの婚姻手続き・報告について

必要書類:

 

フィリピン人申請者とその配偶者の両人が揃って窓口で申請すること。

有効なパスポートとそのデータページのコピー (夫:4枚 – 妻:4枚)

婚姻届の記載事項証明書 (原本+コピー4部)

配偶者が日本国籍の場合:戸籍謄本(婚姻事項が記載されているもの) (原本+コピー4部)

婚姻届の届出遅延供述書(フィリピン国への婚姻届が、日本国での婚姻後30日以降になされた場合)

パスポート用サイズの証明写真(夫:4枚 – 妻:4枚)

 

追加書類:

 

離婚承認裁判が確定したフィリピン国籍者の場合**

 

 フィリピン外務省認証済みフィリピン裁判所発行の審判書と確定証明書 (原本+コピー4部)

NSO発行の離婚承認注釈付き結婚証明書 (原本+コピー4部)

 

結婚解消したフィリピン国籍者の場合**

 

 フィリピン外務省認証済みフィリピン裁判所発行の審判書(結婚解消を承認したもの) (原本+コピー4部)

NSO発行の結婚解消注釈付き結婚証明書 (原本+コピー4部)

 

死別のフィリピン国籍者の場合 **

 

 フィリピン外務省認証済みNSO発行の死亡証明書(前配偶者がフィリピン国籍の場合) または戸籍謄本(前配偶者が日本国籍の場合) (原本+コピー1部)

NSO発行の結婚証明書 (原本+コピー1部)

 

**大使館にて婚姻要件具備証明書(LCCM)を取得された方は提出不要です。

 

注意:

 

NSO発行の書類はコピー防止の原本を提出してください。

提出書類はA4サイズでコピーしてください。

窓口または郵送での申請ができます。

郵送申請の場合、印字された婚姻届申請用紙を公証役場にて公証する必要があります。

事務所所在地

行政書士みなと国際事務所

 

〒231-0004

横浜市中区元浜町3-21-2 ヘリオス関内ビル7F

TEL045-222-8533 FAX045-222-8547

ご相談の方法

弊社でのご相談は、予約制 有料となっております。

【面談相談】  

 

横浜事務所   相談料 1時間 5,400円 (予約制) 

 

 ご相談は    月-金 10:00~20:00 土 10:00~15:00

 

 お電話は    月-金 10:00~18:00

ご予約の方法

ご予約は、お電話またはメールでお願いいたします。

 

(電話) 045-222-8533 10:00~18:00(月ー金)

 

(メール)

お名前

 連絡先

 ご相談の希望日時 (3つ、お書きください)

 ご相談の内容を記入して送信してください。

 

折り返し、担当からご連絡いたします。

メモ: * は入力必須項目です

クービック予約システムから予約する