みなと国際事務所にようこそ


嬉しいお便りが、たくさん届いています。

お客様の声・入国管理局への申請
お客様の声・入国管理局への申請
お客様の声・入国管理局への申請

お客様の声・入国管理局への申請
お客様の声・入国管理局への申請
お客様の声・入国管理局への申請

ありがとうございます。

次はあなたの番です。


行政書士宮本哲也

 みなと国際事務所は、出入国在留管理庁への手続きを専門に行う行政書士事務所です。東京・横浜を中心に日本の在留資格・永住資格・日本国籍取得手続きを行っているコンサルタント事務所です。年間数百件の申請を行い、取得成功率は95%以上です。許可取得の難しい、他の事務所が扱わないような不許可案件・上陸特別許可案件にも積極的に対応をしています。出入国在留管理庁に提出する申請書類は全て専門の行政書士が作成し、申請を行っています。

 

 高い許可率を誇っていますが、複雑で許可取得の困難なケースがほとんどです。それぞれにお客様の気付かない何かの問題があり、そのたびごとにみなと国際事務所は精魂を傾けています。虚偽申請は一度もありません。目先の利益だけではなく、5年後、10年後のお客様の幸せを考えて申請手続きを行ってきたことがみなと国際事務所の誇りです。

 

 世の中には、各種書籍の受け売りや、あやふやなノウハウで展開を語る業者がたくさんいます。しかし、実際にやらせてみるとなかなか許可は取れず、時間とお金が無駄になるだけです。
 何年か前に在留資格を取得した人の書類を、申請者名だけ変えて書類を作成し在留特別許可申請をする代行会社や事務所もたくさんあります。しかし、それぞれ事情は異なりますし、出入国在留管理庁では厳しい実態調査が行われています。無資格業者の関与にも厳しい対応がなされており、出頭申告後、摘発・収容されているケースもあります。

 

 行政書士みなと国際事務所は、日本の在留資格制度を徹底的に研究し、そのノウハウに基づいて申請を行っています。実際の手続きを通じて獲得した「法律の知識と活きたノウハウ」を、真剣に在留資格を取得したいと願うお客様には惜しみなくご提供致します。

 

 みなと国際事務所は専門の行政書士の集団です。出入国在留管理庁の手続きのご相談をお受けする際には、綿密なコンサルティングにより、許可取得の条件にあっているか否かを判断致します。その上で申請手続きの代行を提案させていただいております。
 
 実際に申請した際のノウハウ、法律と事実に基づいて資格者が丁寧に作った説得力のある陳述書で申請書類を作成します。それに加えて弊社は「正しい申請」を欠かさず続けて来ました。そして、出入国在留管理庁や法務局の信頼をも得ています。嘘をつくことは、在留資格申請において絶対にやってはいけないことです。もし、虚偽の書類が発覚するとその申請は当然不許可となり、入国管理局の信頼を失い、将来の申請に重大な支障を来たします。

 

 具体的に知りたい方は、ご相談においでください。あなたの実情に沿って、許可が取得できる方法を詳しくご説明させて頂きます。過去の申請で不許可になった、不法滞在で退去強制処分を受けている等でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。あなたの悩みを解決します。お客様の個人情報は、厳格に管理しています。お客様の秘密は厳守致します。 どうぞごお気軽にお問い合わせください。

日本全国の出入国在留管理局への申請に対応しています。遠方の方でも、遠慮なくご連絡・ご依頼ください。


行政書士みなと国際事務所

〒231-0004 横浜市中区元浜町3-21-2 ヘリオス関内ビル7F

TEL045-222-8533 FAX045-222-8547

みなとみらい線「馬車道」駅 徒歩3分

東急東横線・副都心線・西武池袋線・東武東上線に接続

都内・埼玉県内からでも乗り換えなしでお越しいただけます。

クービック予約システムから予約する


Here at Minato International Office, we specialize in processing applications to submit to the Immigration office.  We are a consultant firm that process applications for Status of Residence, Permanent Resident visa, and acquirement of Japanese citizenship.  We process several hundred applications a year with a success rate of 95%.  We work our best to support you in difficult cases which are likely to be rejected.  You may not find many firms that deal with such cases, but our goal is to broaden your chances proactively in the best way possible.  

 

All applications to be submitted to the Immigration office will be prepared and processed by GyoseiShoshi/Immigration lawyers who specialize in that field.

 

We take pride in our high success rate despite most cases being complex and difficult to be approved.  In each case, there are issues in which the applicants are unaware of, and that is where Minato International Office puts the effort in to resolve them.

 

There is not one case where we have submitted a false application.  We do not work for short-term profits. We strive to provide each and every one of our clients with successful results that will keep them happy for years ahead.

 

There are many resources and agents out there doing business with vague/secondhand knowledge, but in reality, you cannot expect a successful result with that.  You will just end up wasting your time and money.

 

There are many firms and service agents who try to file the documents by simply switching the names using random Status of Residence applications in the past.  Since every applicant status varies in situation, the Immigration office will conduct a very severe survey to avoid such application to be approved.

Uncertified agents who have practiced such act have been sentenced to declare appearance, exposed, and taken into custody.

 

Here at Minato International Office, we conduct the application based on the knowledge of a thorough research within the Status of Residence system in Japan.  We are willing to provide the utmost knowledge of the law based on the actual process to those who are seriously seeking to achieve their Resident Status.

 

Minato International Office consists of a group of immigration lawyers who work with high professional spirits.  We are able to offer detailed consultation and decisions to whether your terms and conditions are eligible to apply.  With that decision, we will propose an act as agent.

 

An eligible licensed staff with actual experiences will file the application based on the law and facts with persuasive statements.  For that, we have gained trust from the Immigration office at the Legal Affairs Bureau by our consistent honesty and accurate applications.  The last thing we would want to do is to submit false facts when applying for Status of Residence which will lose your trust from the Immigration office and lead to rejections to your future applications.

 

For further detailed inquiries, please feel free to come in for consultation.  We will explain your options based on your actual situation.  We will be happy to assist those who are in trouble with denied applications and/or being asked to deport by  staying illegally.

 

We are here for your legal needs.

We are committed to protecting your privacy and personal information.

We provide service to submit application to the Immigration office throughout Japan.

(direct line to translator(English)080-9369-6533)


港国际事务所,是专门申请入国管理局手续的行政书士事务所。以东京•横滨为中心,提供日本全国的在留资格•永住资格•日本国籍归化等各种申请手续的咨询及代理申请服务的专门事务所。本事务所被委托的申请数1年间有数百件以上,成功率是95%以上。我们都愿意积极对应那些不容易取得许可的,别的事务所都不愿意接收的不许可案件•上陆特别许可案件。本事务所提交给入国管理局的全部申请资料都由专门的行政书士做成,申请的。

 

虽然我们申请的都是一些复杂而又艰难的案列但是签下来的确率非常高,这让我们引以为荣。每次申请都会遇上客人自己都没有察觉得到一些问题,所以每次申请我们港国际事务所都是竭尽全力着办的。虚伪的申请我们一次都没有过。我们没有只顾眼前的利益,我们都有考虑到客人的5年后,10年后的幸福才着手办理申请手续的,这一点也是我们港国际事务所觉得引以为豪。

 

在这世上,有很多利用各种书籍上所写的诀窍及一些暧昧的知识而高谈阔论的人。实际上,请他们去办理申请手续,都很难得到许可,只是让申请人浪费时间和金钱罢了。

还发现到一些代理公司及事务所,用几年前取得了许可的在留资格的资料,改了申请人的名字然后就拿去申请在留特别许可。但是,实际上每个人的情况都不一样,而且入国管理局对事实调查非常严格。对那些没有资格的代理办理申请手续的参与,受到严格处理,发现出头申告后,被揭发•收监的情况。

 

港国际事务所,对日本的在留资格制度做了非常彻底的研究,以这个知识为基础办理各种申请。通过实际的手续而获得的“法律知识和活的知识”,我们将不惜一切提供我们的最高层次的知识和手段给那些真心希望取得在留资格的人。

 

港国际事务所是行政书士的专家所组成专门团体。当我们接到办理入国管理局手续的咨询时,我们会进行很详细的地企画立案,用专门家的知识严谨地帮您分析现状并帮助您判断是否有足够的条件可以取得许可。然后才提议让本事务所代理办理申请手续。

 

一直以来,我们都是根据实际上申请过的知识经验,法律和事实为基础,用上专家们写的详细而又具有说服力的陈述书去准备好申请资料,再加上本事务所的不可欠缺的“正确申请”过来的。所以我们的事务所已经得到入国管理局和地方法务局的信任。作假在申请在留资格是绝对不被允许的。如果发现提交出去的资料有虚伪的话,不要说申请结果不被许可,对将来申请也会带来很大的影响。 

 

想了解详细情况,请您向本事务所咨询。根据您的实际情况,我们会为您详细地说明可以取得许可的方法。过去被拒签的,因为不法滞留在日本的而被要求强制退出日本的等等各种情况,请随意联络我们。让我们帮您解决问题。关于客人的私人情报,我们会严格为您保守。本事务所欢迎您随时咨询。

 

本事务所对应日本全国的入国管理局的申请。所以也非常欢迎远方的客户随意联络咨询我们。


みなと国際事務所のサービス

国際結婚と配偶者ビザ
就労ビザ・技能実習制度・高度人材
帰化・日本国籍の取得
出国命令・上陸特別許可


出入国在留管理庁の申請が不許可に

  在留資格認定証明書交付申請や在留資格変更許可申請を出入国在留管理局に申請したのだけれど不許可になった、当事務所で最も多い相談です。

 
 申請が不許可になった場合でも、多くの場合、再申請は可能です。 
 しかし、不許可になった理由を探り、適切な申請をしなければ、許可を得ることはできません。
 また、生半可な知識で再申請を行うと、不許可になった場合に退去強制手続きを受けますので注意が必要です。

まず最初に、ご相談においでください

 ご相談の際には、不交付(不許可)通知書、申請書の控え、パスポートなどをご持参ください。

 再申請のためには、不許可の理由を探り、再申請へ向けて何をしなければならないか慎重に検討する必要があります。

不許可通知を受けたら、担当官から不許可理由について説明を受けることができます

 担当官からの説明は、再申請のための重要なヒントを含んでいます。
 簡単な説明しか受けられなかったとしても、それが重要な情報を含んでいる場合があります。説明を受けたら、きちんと記録をとっておきましょう。

 なお、不許可理由の確認の席は、抗議や不服申し立ての場ではありません。貴重な機会を無駄にしないように、弊事務所のアドバイスの通りに、不許可理由の確認をお願いします。

既に説明を受けられた方は、すぐにご相談においでください

⇒一旦不許可になった申請を覆すのは大変難しく、また「出国準備」とされた場合には、再申請までの時間がありません
 また、出国準備からの再申請を失敗した場合には、退去強制手続きに入ります。

⇒認定証明書の不交付処分を受けたからといって、絶対に日本に来ることができないわけではありません。再申請は可能です。しかしながら、不交付理由の推定と、再申請の際に必要な対策を(充分に)たてなければ、何度申請を行っても結果は同じです。何度も申請をしていれば、きっと熱意が伝わる、審査官も人間だからきっと誠意は伝わる、などとおっしゃる方もおられますが、そんなことはありません。
 入国審査官は、法令と内規に従い審査を行います。私たちも、常に入国管理法規と審査基準・内部通達など内規を意識しながら、不交付通知書の文言と、担当官の(簡単な)説明、お客様のお話から、入国管理局の審査内容(不許可とした判断のポイント)と、対応策を充分に検討します。「許可されるべき申請は100%許可を勝ち取る」という気概をもって、手続きを行っています。

⇒当事務所にご相談ください。
 上記のとおり、入国管理局での審査は、法令と内規に従い行われています。しかしながら、不許可・不交付の「行政処分」を受けた案件に対し、「許可」の処分を受けるためには、法令と内規の知識だけでは対応できません。外国人の入国・在留に関しては「行政手続法」の適用を受けないため、審査官から不許可処分を覆すための方法を教えてもらうこともできません。

 不許可処分に適切に対処するためには、知識に裏づけされた相当の経験と、洞察力、審査官を説得できる文書起案能力が必要とされます。

ビザが不許可になった場合

みなと国際事務所は、平日夜間・土曜日も営業中
平日20時まで相談できます(予約制)

外国人の雇用について

 外国人が日本で働くためには、働くことができる「在留資格」を有していることが必要です。また、外国人アルバイトについても、在留資格によって許可が必要だったり、勤務できる時間数などに制限があります。

 これらの規制に違反をしますと、外国人本人はもちろん、雇用した会社にもペナルティが課せられます。

 

 留学生の採用や外国からのエンジニアの招へいには、入国管理局への申請・許可が必要ですが、申請をすれば誰でも許可が出るわけではありません。外国人の方の学歴や職歴はもちろん、勤務予定の会社の経営状況や、その会社での職務内容が審査の対象となります。

 

 外国人の方に内定通知を出される前に、是非一度、弊事務所にご相談においでください。

在留資格が取得できなかったために採用取り消しとせざるを得ず、内定者とトラブルになることを避け、また弊事務所で手続きを代行することで、スムーズに在留資格を取得することができます。

 

 また外国人従業員を多数雇用されている企業様向けに、顧問サービスも提供しております。

外国人の就労ビザ

専門サイト:外国人の就労ビザ

外国人技能実習生の受入れについて

 技能実習法が施行されました。管理団体の許可申請、技能実習計画の認定申請、外部監査人への就任、法務顧問への就任などで、適正な技能実習生の受け入れをお手伝いいたします。

 

 当事務所の行政書士は、外国人技能実習制度関係者養成講習(法定講習)の講師です。

技能実習法

専門サイト:技能実習法

国際結婚・配偶者ビザの取得について

外国に住んでいる外国人と結婚をする場合、

 結婚の手続きをどのように行うのか分からない
 ビザをどのように取得すればよいのか分からない


 という2つの問題に直面します。

 私たちは、結婚の手続きについてはアドバイスを、ビザの手続きについては出入国在留管理庁への手続きを代行して、お二人が一日も早く日本で夫婦生活を始めることができるように、お手伝いをしています。

 日本の在留制度では「結婚をした」からといって「日本に住むことができる」ことが保証されるわけではありません。国際結婚が成立することと、ビザが取得できることは別の問題なのです。 
国際結婚・配偶者ビザ

専門サイト:国際結婚・配偶者ビザ

上陸特別許可

 日本の法律に違反した、薬物や売春に関わった、不法滞在や不法入国で摘発を受けたなどには、日本への入国が禁止されます。
その期間は、1年から永久上陸拒否まで、犯した罪や課せられた科刑により異なります。

 日本への上陸を禁止された方(上陸拒否事由該当者)は、国籍、日本での滞在年数、家族構成など一切の事情に関係なく、日本への入国ができません。

 しかしながら、人道的な配慮が必要である場合や特別な事情があると判断された場合などには、上陸禁止期間であっても法務大臣から「上陸特別許可」を受けることができます。

 上陸特別許可にあたって法務大臣が考慮する「特別な事情」は法務大臣の自由な判断にゆだねられており、裁量権の範囲は広いものとなっています。
ですから、「日本人と結婚した」からといって、当然に許可されるわけではありません。

 ですが、実際には上陸拒否の事由が重大ではなく、配偶者が日本人であるなどの事情があるときと解釈されて運用されています。 
在留特別許可・上陸特別許可

永住申請・帰化申請

  日本で安定した身分で生活を続けるために、永住申請・帰化申請(日本国籍の取得)を支援しています。

 特に日本国籍の取得である帰化申請は、手続きが煩雑で、大変厳しい審査が行われています。

帰化申請

専門サイト:帰化申請


ご相談の方法

 弊社でのご相談は、予約制 有料となっております。


【事務所での面談相談】相談料 1時間 5,500円 (予約制)

 

 営業時間    月-金 10:00~18:00 

 相談対応時間  月-金 10:00~20:00 土 10:00~15:00 

ご予約の方法

 ご予約は、お電話・メールまたはWEBでお願いいたします。

 

(電話) 045-222-8533 10:00~18:00(月ー金)

 

(メール)

 ・お名前

 ・連絡先

 ・ご相談の希望日時 (3つ、お書きください)

 ・ご相談の内容を記入して送信してください。

 ・スカイプでの相談をご希望の場合は、スカイプ名をお伝えください。

 

折り返し、担当からご連絡いたします。 

メモ: * は入力必須項目です

クービック予約システムから予約する

事務所所在地

 行政書士みなと国際事務所

 神奈川県横浜市中区元浜町3-21-2ヘリオス関内ビル7F

 TEL :045-222-8533 FAX :045-222-8547

 E-mail  icf29458@nifty.com

 Wechat  office3710

 営業時間 月-金 10:00~18:00



遠方の方のために、スカイプを利用した面談相談を行います。

カメラ・マイクを利用できる環境をご用意ください

 

 スカイプによる面談相談も、通常の面談相談と同様に相談料は1時間5,500円、事前にご予約をお願いします。

 ご予約の際には、お名前、連絡先(電話番号)、スカイプ名ご相談の内容をお知らせください。

 スカイプ名の確認ミスを防ぐため、できるだけご予約はメールまたはWEBの予約画面からお願いします。

 

ご予約の手順

 

1 メールまたはWEBサイトから相談のご予約をお願いします。

 ・スカイプを利用した相談であることを明記してください

 ・お客様のお名前、連絡先、スカイプ名をお知らせください。弊事務所からSKYPEの連絡先登録を行います。

    お客様のもとに弊事務所から「連絡先を追加させてください」というメッセージが届きますので、承認をしてください。

 ・相談料は事前にお支払いをお願いします。 

  WEBサイトからのご予約の場合はクレジットカードで決済が可能です。

  メールでご予約の場合は、相談料の振込先をお知らせしますので、相談日までにお振り込みをお願いします。

 

2 ご予約の日時になりましたら、ビデオ通話にて、呼び出しをお願いします。

 ・文字チャットでの相談はできません。

 ・カメラ機能が使用できない場合、身分証明書のコピーを送付をお願いする場合があります。

 ・説明資料は、スカイプを利用してお送りいたしますが、携帯電話をご利用の場合などは、別途メールアドレスやFAX番号をお伝えいただければ、そちらに資料を送付いたします。

 ・相談の結果、ご依頼いただく場合には、ご依頼者様の本人確認が必要です。遠方の方のご依頼の場合は、本人確認の方法について、別途お知らせいたします。

 

※ ご予約のない方の相談には、対応できません。お手数ですが、事前にご予約をお願いします。(平日は予約の3時間前までに、土曜日の相談は、前営業日の18時までにお願いします)